Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Chapter 3 - 有機分子
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19
20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37

 

Spartan'04のモデルキットでは,フリーバレンスにフラグメントを結合させます(同様に官能基,環および配位子).残ったフリーバレンスは自動的に水素原子に置き換えられます.

   
2.
sp2炭素がまだ選択されたままになっています.二重結合のフリーバレンスをクリックしてください. 二つのsp2炭素が二重結合により結合してエチレンができます.もし間違えて,代わりに単結合のフリーバレンスをクリックしてしまったら,EditメニューからUndoを選択してください.EditメニューからClearを選択することによって最初からやり直すこともできます.
   
 

Spartan'04のモデルキットでは同じ種類のフリーバレンスどうしだけを結合させることができます.例えば単結合は単結合とのみ結合でき,二重結合は二重結合とだけ結合させることができます.

   
3. モデルキット中のGroupsをクリックし,メニューにある利用できる官能基からCyanoを選択します.