Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 4 - 有機分子のグループ化
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16
17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31

この章では分子をグループ処理するのに用いられる多くの基本操作とそれに関連したデータの整理,フィッティング,およびグラフを作成する機能を紹介し,説明します.

単一の分子に限った計算の研究は実験と同様にまれなことであり,むしろ関連する一連の分子を取り扱うでしょう.その場合,構造,エネルギーまたはその他の計算値を比較したり,計算値や測定値の間の傾向を比較することに興味がもたれます.Spartan'04はこれらの目的に用いる機能を提供します.特に,特定の振動に注目するか,あるいは一つ以上の構造変数を"スキャン"することによってコンホメーションサーチを行い,手動または自動で分子をグループ化することができます.一度グループ化するとそれらの分子の構造を重ね合わせることができます.計算は単一の分子か,グループ化した分子について簡単に行うことができます.

グループ化(一つの分子のグループも含みます)に関係する機能はスプレッドシートです.スプレッドシートを用いるとさまざまな計算値に便利にアクセスすることができます.付け加えると,データをスプレッドシートに加えることもできます.スプレッドシートのデータを操作し,線形回帰分析を行い,2D,3Dプロットを作図することができます.

この章のチュートリアルではSpartan'04で使うことができる多くの基本的なグループ化の操作を紹介します.これらにはゼロからグループを作ったり,コンホメーションサーチやねじれ角を変えたもののグループを処理することが含まれています.また,線形回帰によって実験値を一つ以上の計算値にフィットする簡単な例も示しています.