Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 4 - 有機分子のグループ化
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16
17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31

 
   
 
グラフの下に実際にフィットに用いた式が表示されます.
   
7と8はオプション実験です(エッセンシャルエディションでは実行できません)
   
7.
Hartree-Fockの構造を使ったB3LYP/6-31G密度汎関数計算のエネルギーを用いて"関数フィット"を繰り返します.まず"dimethylperoxide_6-31Gs.Profile1"のコピーを作ります.名前は"dimethylperoxide_B3LYP_6-31Gs"にします.次にCalculationsダイアログに移り,B3LYP/6-31G密度汎関数モデルを用いた一点エネルギー計算を指定します.(ダイアログの下の)Global Calculationsに必ずチェックを入れて,全てのコンホマーに対してエネルギー計算を実行させてください.
   
8.
ジョブを実行します.ジョブが終了するのに数分かかります.終了したら,新しいエネルギーのグラフを表示させ,以前作成したグラフと比較してみてください.
   
9. 画面上の全ての分子と残ったダイアログを閉じます.