Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 4 - 有機分子のグループ化
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16
17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31

カルボニル化合物の水和反応

カルボニル化合物の水和反応は多くの重要な反応の中の一つのモデル,すなわち,カルボニル化合物への求核付加反応のモデルとして考えられるため,これまで幅広く研究されてきました.

 

 
カルボニル化合物の水和反応におけるKeqの実験値

  log(keq/55.5)   log(keq/55.5)

PhCOCH3
-6.8
CF3COCH3
-0.2
CH3COCH3
-4.6
PhCOCF3
0.1
PhCHO
-3.8
H2CO
1.6
t-BuCHO
-2.4
CF3CHO
2.7
CH3CHO
-1.7
CF3COCF3
4.3
       
* J.P. Guthrie, Can. J. Chem., 53, 898 (1975); 56, 962 (1978).
 

このチュートリアルでは,量子化学計算から得た物性とカルボニル化合物の水和反応における平衡定数の実測値との相関について考えます.主な目的はSpartanの線形回帰分析ツールの使い方を説明することです.