Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 4 - 有機分子のグループ化
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16
17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31

 
これは酸素上の電価にLog(Keq)をフィットさせた情報,特にR2について示しています.この値はフィットの質が良くなると1に近づきます.
   
7.
Regression Propertiesダイアログを用いて,Usingリストの中の異なる(単一の)物性をフィッティングさせてみましょう.(クリックを繰り返すことでエントリーのオン,オフを切り替えられます.)R2が最大値になるものをさがします.次に二つの性質の組み合わせを全部試します.E LUMOElectrostatic(O2)の組み合わせが最大のR2を与えるはずです.この組み合わせを選択し,(Displayメニューの)Plotsダイアログを起動してX AxisメニューからLog(Keq)を,Y AxesからFitVals(Fit1)を選択しOKをクリックします.次に,曲線(軸ではなく)をクリックすることでCurve Propertiesダイアログを起動します(Regression Propertiesダイアログに置き換わります).(Cubic Splineから変えるために)FitメニューからLinear LSQを選択します.得られたグラフは良い相関を与えるはずです.
   
8.
"carbonyl compounds_3-21G"を閉じて,画面上に残った全てのダイアログを消します.