Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 4 - 有機分子のグループ化
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16
17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31

3.
計算が終わったら,Atom Propertiesダイアログを用いるかまたは原子ラベルを用いて13C化学シフトを検討します.(ModelメニューのConfigure…を選択し現れたダイアログの"Atom"の下のChem Shiftをチェックします).これらの値と測定値を,cis,trans体の立体異性体間のシフトの違いに詳細に注目して比較しましょう.
   
 
   
cis
trans
Δ
C1
11.4
16.5
5.1
C2
122.8
123.9
1.1
C3
129.7
130.6
0.9
C4
28.2
34.1
5.9
C5
21.4
22.1
0.7
C6
12.5
12.5
0.0
         
 
計算値によって二つの異性体を見分けることができますか?
   
4. "2-ヘキセン_6-31Gs"を閉じます.
   
5.
エンド-2-メチルノルボルナンを組み立てます.2-ヘキセンの時に行ったようにスパルタン分子データベースの6-31G構造に置き換えます.(Fileメニューから)New Moleculeを選択しエキソ体にも同様の過程を繰り返します.をクリックします.
   
6.
Calculationsダイアログ中の,Hartree-Fock 6-31G一点計算を指定し,("Compute"の右の)NMRをチェックします.ジョブを実行し,名前を"2-methylnorbornane_6-31Gs"とします.