Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 4 - 有機分子のグループ化
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16
17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31

4.
この手順(New Molecule,続いてClipboard,続いてGroups,続いて)を4回以上繰り返してcis-およびtrans-1,2-ジシアノエチレン,トリシアノエチレン,テトラシアノエチレンを組み立てます.すべてが終わったら(全部で6分子になります)を押してモデルキットを消します.
   
5.
すべての分子を一つのグループにしたので,計算によって与えられる情報にはスプレッドシートを用いてアクセスすることができます.DisplayメニューのSpreadsheetを選びます.
   
 
 
 
個々の分子を選択するには,一番左の列のそれぞれのラベル(「M001」,...)をクリックします,または画面の左下にあるキーを使用します.直接新しい名前を入力することで,デフォルトの名前から(「acrylonitrile」…に)変えることができます.それぞれ入力したらEnterキーを押します.
   
6.
Calculationsダイアログ(Setupメニュー)に移り,single-point energy,Hartree-Fock3-21Gモデルを指定します."Start from"の右のメニューからAM1を選びます.これはAM1モデルを用いた構造計算がはじめに行われ,次いで3-21Gエネルギーが行われるということを示しています.(選択されている分子だけではなく)グループ内全ての分子に計算が行われること確かめるため,Global Calculationsがチェックされていることを確認します.
   
7.
ジョブを実行します.名前は「Diels Alder dienophiles_3-21G」とします.計算が終わるのを待っている間に,以下の表にある実験値の相対反応速度をスプレッドシートに入力します.