Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 4 - 有機分子のグループ化
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16
17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31

 
 
クロペンタジエンのDiels-Alder付加環化反応の実験値の相対反応速度
       
dienophile log10
(relative rate)
dienophile log10
(relative rate)

acrylonitrile
0
1,1-dicyanoethylene
4.64
trans-1,2-dicyanoethylene
1.89
tricyanoethylene
5.66
cis-1,2-dicyanoethylene
1.94
tetracyanoethylene
7.61
       
* J. Sauer, H. Weist and A. Mielert, Chem. Ber., 97, 3183 (1964).
 
   
 
最初に,スプレッドシートの「空白」列の一番上のセルの中にタイトル「Log(rate)=」を入力しEnterキーを押します.それから対応するセルに反応速度データを入力します.それぞれについて入力したら,Enterキーを押します.相対速度によりグループの分子を並べ替えます.列のヘッダーの「Log(rate)=」をクリックし,スプレッドシートの一番下にあるSortをクリックします.
   
8.
全ての計算が終わったら,空白列の一番上のヘッダーセルをクリックします.そして,スプレッドシートの一番下にあるAdd…をクリックします.他の手段としてはスプレッドシート内にカーソルがある状態でマウスの右ボタンを押すことで出てくるメニューからAdd…を選択します.