Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 5 - 有機反応
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19

 
一つのプロットは反応エネルギーの変化を,もう一つは臭素上の電荷の変化を示しています.二つは関係していますか.説明してください.
   
 
   
 
帯電した種のSN2反応は,一般的に高い極性を持つ媒体中で起こることが必要です;例えば水です.Spartanは溶媒を記述するために異なる二つの近似を与えています:CramerとTruhlarのSM5.4モデル(Appendix A参照)では"反応場"としての溶媒について量子力学と分子力学を混合した近似と,溶質が浸っている"浴槽"としての溶媒について分子力学シミュレーションが行えます.最初の近似はこの章で説明し,二番目の方法はトリグリシンの双性イオン形,非双性イオン形を用いて,次の章で説明します.