Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 5 - 有機反応
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19

8.
スプレットシートに"水相"データを加えます.空白列のヘッダーをクリックし,Add…をクリックし,E SM5.4を利用できる量のリストから選択し(Energyメニューからkcal/mol)そしてOKをクリックします.Plotsダイアログを起動しX AxisからDistance(C1,Br1)Y AxesリストからE SM5.4(kcal/mol)を選択します.OKをクリックします.
   

9から12はオプション実験です

   
9.
"bromide+metyl chloride_AM1_Profile1"のCalculationsダイアログを起動します.Single Point Energy(AM1が選択されています)を指定し,そしてOKをクリックします
   
10.
Surfacesダイアログに移ります.Add…をクリックします.Surfaceメニューからdensity(bond)を,Propertyメニューからnoneを選択してOKをクリックします.再びAdd…をクリックし,Surfaceメニューからdensity(bond)Propertyメニューからpotentialをクリックします.OKをクリックします.
   
11.
ジョブを実行します.計算が終了したら,Surfacesダイアログ中の"density . . ."と表示された行をクリックします.画面左下のをクリックします.反応の進行中に結合が滑らかに切れてそして形作られることに注意しなさい.終わったら画面のボタンをクリックします.
   
12.
Surfacesダイアログに再び戻ります.結合密度の表示を非表示にし("density . . ."と表示された行をクリックします),結合密度の静電ポテンシャルマップを表示します.をクリックします.反応の進行に伴う静電ポテンシャルマップに色で示された負電荷の移動を,ステップ5で作成したグラフと関係づけてください.赤に近い色は負電荷の最大点を示していることを思い出してください.
   
13. 画面上の全ての分子とダイアログを閉じます.