Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 5 - 有機反応
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19

 
toの右側にあるボックスに"2.7"(2.7Å)と入力してEnterキーを押します."Steps"には,"10"と入力します.この設定により結合"a"が最初は1.5Åに固定され,次に1.633Åそれから1.767Åそして最後には2.7Åになります.

結合"b"についても同様の操作を繰り返す必要があります.結合"b"をクリックします(Constraint Propertiesダイアログは結合"b"の固定条件の表示になります).ValueToにそれぞれ"1.5"と"2.7"を入力します.それぞれの入力の後に必ずEnterキーを押します.これによって,結合"a"と結合"b"の両方に対する固定条件は1.5Åから2.7Åの間,等間隔で10ステップ変化させる設定になります.Constraint Propertiesダイアログを閉じます.
 
4.
Calculationsダイアログを開き,"Calculate"の右のメニューからEnergy Profileを,その下の二つのメニューからSemi-EmpiricalPM3を選択します.ジョブを実行するためダイアログの下のSubmitをクリックします.名を"cyclopentadiene+maleic anhydride endo_PM3"とつけておきます
   
5.
計算が終了すると新しいファイル"cyclopentadiene+maleic anhydride endo_PM3.Profile"が生成し,それにはエネルギープロファイルを構成する10ステップのデータが含まれています.このファイルを開きます.*
   
6.
Spreadsheetを開き,下にあるAdd…をクリックします.表示項目一覧からEを,Energyメニューからkcal/molを選択し,OKをクリックします.次にをクリックし,エネルギープロファイル計算で変化させた二つのC-C結合の一つをクリックします.** 画面の右下にあるをクリックします.をクリックします.最後に,Plotsダイアログを開くためにDisplayメニューからPlotsダイアログを開き,X Axisメニューの項目からLength(Bond8)***を,Y AxisリストからE (kcal/mol)を選択します.OKをクリックします.
   
*
混乱をさける為最初のファイル"cyclopentadiene+maleic anhydride endo_PM3"は閉じておきましょう.
**
のボタンを押して(の代わりに)固定のマーカーの1つをクリックしてのボタンを押しても同じ操作ができます.
***
ほとんどの場合,リストには"Bond8"の様な名前は示されないでしょう.