Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 5 - 有機反応
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19

 
 
 
グラフから反応物と遷移状態の両方を特定し,エンド付加物を生成する環化付加反応の活性化エネルギーを見積ります.
   
7.
エキソ付加物に対しても,1から6の操作を繰り返します.エキソ付加とエンド付加の活性化エネルギーを比較します.PM3計算によるとどちらが速度論的生成物でしょうか?
   
8. 画面からすべての分子,残っているダイアログを閉じます.
   
9から11はオプション実験です
   
9.
"cyclopentadiene+maleic anhydride endo_PM3. Profile1"を開き (),複製を作ります ().
"cyclopentadiene+maleic anhydride endo_3-21G"と名前を付けてファイルを保存して下さい.Calculationsダイアログを開いて"single-point energy","Hartree-Fock","3-21G(*)"をそれぞれ選択して下さい.ジョブを実行して終了したら"spreadsheet"を表示させて先ほどと同じ操作をしてPM3でしたのと同じようにグラフを描いてみましょう.
   
10.
こんどはexo内転について上と同じ操作を繰り返します.2つの系の活性化エネルギーを比較して下さい.速度論支配生成物はどちらですか?
   
11.
画面の全ての分子と残っているダイアログを閉じます.