Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 6 - 生物学的に興味深い分子
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16

2.
Sequenceがチェックされていることを確認し,アミノ酸コードの選択から"gly"(グリシン)を三回クリックします.配列"gly-gly-gly"がモデルキットの上ボックスに現れます.
   
3.
モデルキットの一番下付近にあるa Helixが選択されていなければなりません.もし選択されていなければ,それをクリックします.a Helixを定義する主鎖骨格のyfの角度が右に表示されます.画面の任意の場所をクリックします.トリグリシンが表示されますが,まだ末端が正しく処理されていません.
   
4.
はじめに中性構造を扱います.モデルキットのTerminateをクリックします.Terminateダイアログが現れ,それにより"C"末端基と"N"末端基を指定します.
   
 
 
 
C末端基にはCO2Hを(ボタンをクリックすると2つの基が循環表示されます),N末端基にはNH2を選択します.OKをクリックします.
   
 
 
アミノ酸はペプチドモデルキットの基本構成単位から,原子フラグメント,官能基,環および配位子に置き換わるため,これらの構成単位は無くなります.従って,ペプチドの修飾のほとんどは,アミノ酸連鎖や全体のコンホメーションは別として,エントリーモデルキットかエキスパートモデルキットのどちらかを用いて行う必要があります.