Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 6 - 生物学的に興味深い分子
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16

3.
二つの分子を区別するもう一つの方法は色付けによって行うことができます.二つの分子を空間充填モデルで表示し,Altキーを押したままプロパミジンの任意の部分をクリックします.プロパミジン全体が選択されます(すべての原子が"金色"で示されます).DisplayメニューからPropertiesを選択すると"Selected" Styleダイアログが開きます.
   
 
   
 
色付けされた"プロパミジンは,簡単にDNA鎖と区別することができ,(プロパミジン)モデルの任意の場所をクリックすると金色の表示が消えます.他の配色を試してください.終了したらプロパミジンを再選択し,"Selected" Styleダイアログの中の Resetをクリックします.
   
4.
DNA鎖を空間充填モデルで表示し,プロパミジンをTubeかBall and Spokeモデルで表示します.プロパミジンを選択してSurfacesダイアログを開きます(SetupメニューまたはDisplayメニューから).静電ポテンシャルマップが指定されましたが,"Pending"(まだ計算していないことを意味する)が表示されていることに注意してください.ダイアログの下のGlobal Surfacesのチェックをはずしていることを確認します.ジョブを実行します.計算が終了したら,ダイアログの黄色のボックスにチェックを入れて静電ポテンシャルマップの表示を"オン"にします.この種の表示方法は従来のモデルを補うのに用いられ,結合への電荷-電荷相互作用の寄与する可能性について検討することができます.
   
5.
"propamidine DNA complex"と残りのダイアログすべてを画面から閉じます.