Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 6 - 生物学的に興味深い分子
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16

 
   
 
をクリックし,今加えた二つのメチル基のフリーバレンスの中で互いに最も近接しているものを順にクリックします.これで三つ目の六員環ができあがります.をクリックします.三つの六員環はいす型構造をとっているはずで,立体化学は最初の図のようになっているはずです.もしそうなっていなければ,最初からやり直す(EditメニューからClearを選択して)か,あるいは最後の操作を"取り消す"(EditメニューからUndoを選択して)必要があります.
   
5.
モデルキットのsp3炭素をクリックします.外側の六員環の一つ("C環")にある適当な位置にある二つのエクアトリアル位のフリーバレンスをクリックします.メチル基が二つ加えられ,これらから"D環"が形成されます.
   
6.
sp3炭素がまだ選択されたままです.前のステップで加えた一方のメチル基のフリーバレンスをクリックしてエチル基にします.結合を適当に回転させて,"メチル基"と"エチル基"の位置を変え,それぞれのフリーバレンスが接近するようにします.
   
7.
をクリックします.前のステップで接近させた二つのフリーバレンスを順にクリックします.結合が描かれて五員環を形成します.をクリックします.整えられた(中間)構造が現れます.残っている作業は"D環"上にカルボニル基を加えることと水酸基とメチル基を加えることです.
   
8.
モデルキットのsp3炭素をクリックします."C環"と"D環"が接している炭素の該当するアキシアル位のフリーバレンスをクリックし,それから"A"環と"B"環が接している炭素のアキシアル位の該当するフリーバレンスをクリックします.
   
9.
モデルキットのsp3酸素をクリックします.水酸基を"A環"の該当するエクアトリアル位に加え,"D環"上のカルボニル基になる炭素にも加えます.