Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 7 - 無機分子と有機金属分子
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

 
Expertモデルキットは周期表*で構成されており,その下に"原子の混成"の選択,結合のタイプ,最後に,RingsGroupsLigandメニューが続きます.(RingsとGroupsはEntryモデルキットにあるものと同じです)
 
2.
周期表からSをクリックして選択し,混成のリストから五配位三方両錐構造を選択します.ワークスペースをクリックします.三方両錐構造の硫黄が表示されます.
   
3.
周期表からFを選択し,混成のリストから一価構造を選択します.硫黄上のアキシアル位のフリーバレンス二つとエクアトリアル位の三つのフリーバレンスのうちの二つを順にクリックします.
   
4.
残りのフリーバレンス(エクアトリアル位)を消去する必要があります.そうしないと残りのフリーバレンスは水素になります.をクリックして残りのフリーバレンスをクリックします.
   
5. をクリックします.をクリックしてモデルキットを消します.
   
6.
SetupメニューからCalculations…を選択します.Hartree-Fock/3-21Gモデル**を用いた平衡構造***の計算を指定します.
   
7.
ジョブを実行します.ジョブ名を"sulfer_tetrafluoride_3-21G"とします.計算が終了したらDisplayメニューのPropertiesを選択して,原子(例えば硫黄)をクリックします.選択した原子の電荷が(Atom Properties)ダイアログに表示されます.電荷は,共有結合,イオン結合のどちらと一致しますか? bonding?
   
8.
sulfer_tetrafluorideモデルとダイアログを消します.
   
*
全ての計算手法が,リストされている全ての元素に対して利用できるわけではありません.もしOptionsメニューのPreferencesダイアログで"Element Overlay"をオンにすると,Calculationsダイアログで選択した手法が利用できる元素は周期表に強調表示されます.また周期表のリストにない元素も指定することができることに注意してください.Displayメニュー(Chapter 14)の中のAtom Propertiesを参照してください.
**
最初に求めた"不適当な構造"は,はじめの構造が対称面(C1点群)を持たなければ,最適化は正しい構造を導くことができることに注意してください.このようにして,D4h対称においてSF4正方平面は正方平面のままであり,一方,正方平面構造のほとんど(D4h対称からC1対象へ少しだけゆがんだ)は正しい構造へとつぶれます.
***
占有されていないdタイプ機能の1セットを合体した3-21G(*)基底関数は硫黄原子のための3-21Gの代わりに使用されます.