Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 7 - 無機分子と有機金属分子
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

5.
Setupメニューから)Calculations...を選択します.半経験的PM3モデルによる平衡構造の計算を指定します.(ダイアログの下の)Global Calculationsにチェックが入っていることを確認してください.この計算をベンゼンクロミウムトリカルボニルとベンゼンの両方に適用します.OKをクリックします.
   
6.
SetupまたはDisplayメニューから)Surfacesを選択します.Add…をクリックします.Surfaceメニューからdensityを,Propertyメニューからpotentialを選択してOKをクリックします.Global surfacesがチェックされていることを必ず確認します.
   
7.
ジョブ(二つの別の計算)を実行します.ジョブ名を"benzene_chromium_tricarbonyl_PM3"とします.計算が終了したら,DisplayメニューからSpreadsheetを選択してスプレッドシートを開き,二つのエントリーの分子名の右側のボックスにチェックを入れます.これで二つの分子を同時にワークスペース上に表示することができます.もしModelメニューのCoupledにチェックが入っていたら,これを選択してチェックマークをはずします.これで二つの分子を独立に動かすことができます.各分子の向きを変えてベンゼン面(有機金属の場合,配位してない露出した面)をよく見えるようにすることができます.
   
8.
Surfacesダイアログの"density potential…"と表示された行をクリックします.フリーのベンゼンと錯体のベンゼンの静電ポテンシャルマップを露出した面に注意しながら比較します.* Cr(CO)3基はベンゼン環から電子を供与されていますか,それとも供与していますか?ベンゼンクロムトリカルボニルの芳香環はフリーのベンゼンよりも求電子攻撃されやすいですか,それとも求電子攻撃されにくいですか?求核攻撃されやすいですか,それとも求核攻撃されにくいですか?
   
9-10はオプション計算です.(エッセンシャルエディションでは実行できません.)
   
9.
二つの計算を密度汎関数法を用いて繰り返します.をクリックして"benzene_chromium_tricarbonyl_PM3"をコピーし,ファイル名を"benzene_chromium_tricarbonyl_BP_6-31Gs"とします.Calculationsダイアログ中でBP/6-31G*モデルを用いた一点エネルギー計算を指定します.ジョブを実行します.計算が終了したら静電ポテンシャルマップを検討します.これのマップはPM3計算の結果と定性的に似ていますか?
 
10.
すべての分子と残りのダイアログをすべてワークスペースから消します.
   
*
単一のリストに含まれる複数の分子の静電ポテンシャルマップは(他のマップと同様に)同じ(色)スケールで表示されます.これにより異なるメンバー間での比較を行うことができるようになります.