Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 7 - 無機分子と有機金属分子
Page 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

エチレンのZiegler-Natta重合

メタロセンによるエチレンのZieglar-Natta重合を扱います.メタロセンは最初にオレフィンと錯体を作り,それからオレフィンは金属-アルキル結合に挿入されます.

このチュートリアルではPM3法を使ってエチレンのCp2ZrCH3+への挿入反応の遷移状態を求め,(オプション計算で)密度汎関数法を用いて活性化エネルギーを求めます.

   
1.
Expertモデルキットを開きます.Zrを選択し画面上をクリックします.Cを選択し(がまだ選択されたままです),ジルコニウムのフリーバレンスの一つをクリックします.LigandsメニューからCyclopentadienylを選択して,ジルコニウムの二つのフリーバレンスを順にクリックします.LigandsメニューからEthyleneを選択してジルコニウムの残りのフリーバレンスをクリックします.
   
2.
下図のようにメチル基とエチレンを配向させます.
   
 
   
3.
四つの結合距離a,b,c,dをそれぞれ2.35Å,2.05Å,2.60Å,2.35Åに固定します.をクリックして,四つの"結合"それぞれに対して次のステップを繰り返します.結合(または二つの原子)をクリックしてワークスペース右下のをクリックします.アイコンがに変わります.対応した結合距離をそれぞれ入力しEnterキーを押します.終了したらをクリックします.