Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Chapter 9 - Editメニュー(The Edit Menu)
Page 1 | 2

クリップボードはSpartan'04の中で四つの重要な使用方法があります.

(i)
Microsoft Word®やPowerpoint®のような他のアプリケーションへ表示中のグラフィックを移動します.
(ii)
Microsoft Excel®のような他のアプリケーションへスプレッドシートのデータを移動します.
(iii)
分子を組み立てる時の分子構造の一時的な保管場所です.これはChapter6のチュートリアルVitaminEに示しています.
(iv)
リストを作ったりリストの間で分子を移動したりします.

最初の三つではCutCopy操作を行うのに"選択ボックス"を使う必要があります.方法は,まず移動したいモデルのわずかに左上にカーソルを位置させます.それからマウスの両方のボタンを押したまま,移動したいアイテムのわずかに右下までマウスをドラッグします.最後に両方のボタンから手を離します.

分子を組み立てるときのクリップボードの使用方法の詳細は,Chapter12に示してあり,操作のリストはChapter14に示してあります.

Find..., Find Next

Find
Outputウィンドウが選択されているときはFindダイアログ中で定義された一連のテキストを検索し,画面上の分子が選択されているときはクリップボードによって定義された一連の分子を検索します.Find Nextは一連のテキストまたは一連の構造の次の候補を探します.

Center

画面上で選択された分子を中心に集めます,すなわち画面上の中心に構造の中心に置きます.

Clear

選択した分子の構造および他の情報をすべて消去(削除)し,(モデルキットが表示されていない場合は)モデルキットを表示させます.分子が前に保存されている場合,分子が再び保存されるまで情報はファイルから実際には消去されません.