Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I



Section II - はじめに(Getting Started)
Page 1 | 2

このセクションではまずWindows版Spartan'04のグラフィカルユーザーインターフェースを簡単に紹介し,一連の簡単なチュートリアルを行います.チュートリアルの目的は"実習"することであり,実際に分子力学計算や量子化学計算の設定を行い実行します.そして得られた計算結果を解釈します."新しいSpartanユーザー"の方にとってはここがスタート地点になります.すでにSPARTANの別のバージョンをお使いの方も本セクションを読むことをお勧めします.

Spartan'04プログラムで利用できるオプション全てについて解説することはしません.このため,読者はこのガイドのSection IIIを読むことをお勧めします.ここではSpartan'04を用いて平衡構造と遷移状態の構造を計算すること,コンホメーションサーチを行うこと,反応の熱力学諸量や活性化エネルギーを算出すること,そして赤外吸収やNMRスペクトルを得ることに焦点を当てています.様々な分子力学的手法や量子化学的手法の性能評価もしません.実際チュートリアルの大部分は,分子力学計算や半経験的分子軌道法,あるいはHartree-Fock分子軌道法だけを使います,これらのモデルは時折「好ましい結果」を与えないかもしれません*.Spartan'04で実行できるすべての計算的手法についての評価は"A Guide to Molecular Mechanics and Quantum Chemical Calculations"に記載されています.

グラフィカルモデルはこの先のチュートリアルで説明されており,明確なモデルと化学的洞察とのつながりが示されています.例えば,静電ポテンシャルと求電子特性.より完全な説明は前述のガイドに示してあります.Windows版Spartan'04では,生体高分子の構造のモデル表示や操作性が以前のバージョンよりもさらに機能強化されています.また,これらの説明も行います.

   
*
チュートリアルをこなすのに必要な時間を「最小に」し,(密度関数,MP2,その他の相関計算が無い)Spartan'04エッセンシャルエディションのみでもほぼすべてのチュートリアルをこなせるように配慮してあります.エッセンシャルエディションではできないチュートリアルやセクションではそのように示します.