Main Page
Acknowledgements
Scope of this Guide
What's New in Spartan'04
Table of Contents
Section I
  Chapter 1
Section II
  Chapter 2
  Chapter 3
  Chapter 4
  Chapter 5
  Chapter 6
  Chapter 7
Section III
  Chapter 8
  Chapter 9
  Chapter 10
  Chapter 11
  Chapter 12
  Chapter 13
  Chapter 14
  Chapter 15
  Chapter 16
  Chapter 17
Appendix:
A B C D E F G H I

Spartan'04における新機能
Page 1 | 2

いくつかの重要な性能がSpartan'04に導入され,将来拡張されることが見込まれています.
NMR. Hartree-Fockモデルを使用して化学シフトを求めることができます.将来的にはカップリング定数を与え,密度汎関数法モデル全般でできるように拡大します.エッセンシャルエディションでは利用できません.
Solvation via mixed quantum mechanics/molecular mechanics. 溶媒和エネルギーの計算だけでなく分子特性における溶媒の影響も示します.現在では,溶媒としての水に利用可能です.将来的にはこれを他の溶媒へ拡大することです.エッセンシャルエディションでは利用できません.
Spartan Molecular Database (SMD). 計算によって求められた構造・エネルギー・選択された分子特性のデータベースです.SMDは現在約5,0000の有機分子と主族元素の無機分子から構成されます.それぞれが5つの異なる理論上のモデルで利用可能です;HF/3-21G*,HF/6-31G*,EDF1/6-31G*,B3LYP/6-31G*,MP2/6-31G*.付加モデルも将来加えられるでしょう.データベースは直接作られた構造かSpartanにインポートされたものです,そして基本構造検索を通じてアクセスすることができるでしょう.SDMは毎年25%ずつ増えています.すぐに遷移金属無機化合物,有機金属化合物とその遷移状態を含むように拡張されるでしょう.EDF1/6-31G*,B3LYP/6-31G*,MP2/6-31G*はエッセンシャルエディションでは利用できません.
UV/vis Spectra. 現在Heartree-FockとCISモデル間,または密度関数(ローカル,BP,EDF1,BLYPとB3LYP関数)と時間依存密度関数(TDDFT)モデル間のエネルギー差に基づく垂直励起スペクトルに限られています.エッセンシャルエディションでは利用できません.
Import of two-dimensional structures. SDF,TGF,SKCファイルを入力すると3次元構造へ自動的に変換されます.
Intrinsic Reaction Coordinate. 遷移状態から反応物と生成物が反応座標をスムーズに追うための一連のステップを構築しています.半経験モデルでは利用できません.エッセンシャルエディションでは利用できません.